育毛に大切な食生活

育毛と食生活の関係について調べました。

育毛のために気にしなければいけないことは、ストレスや睡眠時間、喫煙、飲酒、頭皮ケアなどがありますが、食生活はその中でも最重要項目です。人間の体は食事によって食べたものから作られますが、髪の毛も例外ではありません。

育毛剤など最近は育毛治療が話題になっていますが、まずは食生活という基本事項を見直す必要があります。まず髪に必要な栄養素は何なのかという話ですが、髪の毛は99%タンパク質からできています。

 

タンパク質は体の大部分を作っている栄養素で、体にとって必要不可欠なものです。肉や魚、豆腐などから摂取できますが、肉に含まれるたんぱく質は豊富です。菜食主義は健康に良いと勘違いされがちですが、髪には深刻なダメージを与えます。人間の体は生命を維持するために、栄養が足りなくなると不要な部分から切り捨てていきます。
その法則でいくと、骨や筋肉や臓器に比べて髪はなくても死にません。なので、タンパク質が不足すると体は髪の毛から捨てていきます。

 

 

しかしタンパク質が髪に良いからといって、むやみに摂取するということではありません。肉に含まれる脂質は過剰摂取すると皮脂の脂が増えますし、栄養素は過剰摂取するとかえって吸収効率が悪くなります。そのため適量のタンパク質を摂取すると同時にビタミンやミネラルを摂取する必要があります。ビタミンとミネラルはタンパク質の吸収効率を良くし、血液をサラサラにします。
そのため、タンパク質、ミネラル、ビタミンが髪の3大栄養素であると言えます。